【症例報告】くしゃみでギックリ腰になられた患者さんの症例

こんにちは。アルテカイロプラクティックの前田です。 今日はギックリ腰でいらした患者さんの症例報告を書きたいと思います。 lbp (患者さん情報:N.Kさん 女性 40代 会社員(デスクワーク))

【きっかけ】

朝起きていつもの通り顔を洗っていると、鼻がムズムズしたのでその体勢のまま 思いっきりくしゃみをした途端、

腰に激しい痛みを感じ、そのまま動けなくなってしまいました。 もともとデスクワークのため定期的に腰痛を繰り返していました。

今回も数日前から腰に重ダルさを感じるも、「痛い」というところまでは行かず、 そのまま何となく放置していたとのことです。

【1回目の施術】

来院時は痛みも激しく、歩くのも恐る恐る足を出していくという感じでした。

座っているのも辛いため、カウンセリングは横になりながら受けていただきました。

施術は腰には一切触れず、足の筋肉を徹底的に緩めていくことに主眼を置きました。

腰の痛みというと腰そのものの施術をするように思われがちですが、当院では 身体全体のつながりを見ながら施術を行っております。

土台である下半身の状態を改善すれば、腰にかかる負担も減りますので、 当然ギックリ腰による痛みも軽減されやすいものです。

ご本人いわく、施術前の痛みを10とすると施術後の状態は6くらいになったとのこと。 来院時はやっと足を前に出しながら

歩いている状態だったのが、 施術後は目に見えて足の運びが改善し、なんとか普通に歩けるところまで回復。

腰に負担がかかる(屈む、長時間座るなど)姿勢を取らなければならないときのみ 腰痛ベルトを装着し、

それ以外はなるべく普通に過ごすことをアドバイス。

「出来る範囲で」という注釈はつきますが、ギックリ腰の時はヘタに安静にしすぎるよりも、 動かせる範囲で早めに動かし始めたほうが

回復は早いです。

 

【2~3回目の施術】

初回の2日後にご来院。とりあえず激しい痛みは取れたものの、まだ固い芯のようなものが 残っており、

腰を曲げる時などに不安があるとのこと。 痛みも少し取れているので、腰の筋肉も含めて全身を緩める。

3回目より筋肉に加えて骨格調整(関節のパキパキ)を行い、関節の動きも正常化させていく。

※関節のパキパキは抵抗のある人には行わず、別の方法を使います。

 

【4~6回目の施術】 4回目の来院時に「痛みは殆ど無くなった」とのご報告をいただく。 ただしまだ油断は禁物なので、

ここから6回目までは週に1回以内で 集中的に施術を行う。

 

【7回目~現在】 日常的に痛みを感じることは無くなったものの、これまで複数回ギックリ腰を経験されているので

今後二度と発症させないように、現在月に約2回程度のペースで定期的なメンテナンス施術を受けています。

 

【まとめ】

ギックリ腰は辛い症状ですが、「安静」は却って治りを遅くすることがあります。

腰そのものではなく下半身などから「外堀を埋める」ような 感覚で施術を始め、少しでも早く動き始めることが改善への近道です。

「動けない状態」であればとりあえずは安静が必要ですが、 そうでなければ少しでも早く対処することが重要です。

そして何よりもギックリ腰は「治療」よりも「予防」が大切です。 腰は鈍感なところで、なかなか敏感に痛みを察知しないものですが、

ちょっとでも「おかしいな?」と思ったらすぐに整体やカイロプラクティックで 状態を整えるようにしていきましょうね。

ギックリ腰について解説したページもございますので、そちらもご覧ください。

 

ギックリ腰特設ページはこちら

 

********************************************

【学芸大学の整体院】 アルテカイロプラクティック

TEL:03-6273-8371 「ホームページを見て・・・」 とお電話下さい。

メール:info@arte-chiro.com(お問い合わせページはこちらです

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝10:00~18:00 (時間外ご相談に応じます)

定休日:毎週水曜日

〒153-0053 東京都目黒区五本木3-31-6-2F

(駒沢通り沿い クレープリーPOPHOTさんの2階になります)

********************************************

コメントを残す

このページの先頭へ