科学的検査の重要性(安全かつ確実な施術のために…)

こんにちは、アルテカイロプラクティックの前田です。

 

突然ですが高い施術効果を出すために大切なことって何だと思いますか?

 

高い治療技術?

身体に関する細かい知識?

 

上記のいずれもとても大切ですが、個人的にはそれらに勝るとも劣らないものが存在すると考えています。

それは…

 

施術効果を計測する最新技術の存在です。

 

カイロプラクティックは自律神経を整えるための施術ですので、多くの治療院が「施術によって自律神経の乱れを整えます」と謳っています。

では、神経の働きが整ったかどうかをどうやって確認しているかというと…。

残念ながらその手段を持ち合わせていない院が多いのが現状です。

 

神経の働きは目に見えませんので、当院でも以前は血圧や血中酸素濃度などの簡易測定で施術効果の測定をしていましたが、やはりそれでは不十分だとの結論に達しました。

 

そこで現在導入しているのがこちらの機器です。

 IMG_1482

カイロプラクティックの本場、アメリカから導入した自律神経検査機器『インサイトディスカバリー』です。

元々は無重力状態での宇宙飛行士の背部筋変化を測定するために開発された機器を、カイロプラクティックの臨床に利用できるよう発展させたもので、NASAや米宇宙財団の認可を受けた高精度な機器です。

また、多くのアメリカのカイロプラクティック大学(ドクターの資格を取る機関)で、検査教育プログラムとして設定されています。

 

インサイトディスカバリーに関する詳しい情報はこちらをクリック

 

当院ではこの中でも筋電計と表面温度計を採用して、検査を行っております。

 

↓こちらの画像が表面温度計。左右の温度差が大きければ自律神経の乱れた大きいと判断します。

 温度差が大きい方から赤→青→緑 と表示されます。この検査で主に化学的なストレス(酒、タバコ、薬物、添加物などからくる)の度合いが確認できます。

 IMG_1511

 

↓こちらの画像が筋電計。筋肉の緊張度が高い順に黒→赤→青→緑で示されます。この検査では主に精神的ストレスの度合いを測定できます。

 IMG_1509

 

それぞれの計測データを年齢や性別などのデータをもとに算出した基準値(理想値)と比較し、患者さんの状態を確認していきます。

 当院ではこのインサイトディスカバリーによる検査を初回以降も定期的に行い、施術による改善状況を客観的にチェックしていきます。

 

これにより主観(自覚症状)だけに頼らない状況判断が出来るので、的確かつ安全な施術を行えるのです。

 表面的な自覚症状は、その時の知覚神経のコンディションに左右されますので、必ずしも身体の状態を100%正しく反映する訳ではありません。

そこで客観的かつ科学的な検査を行うことにより、身体の真の状態が把握できるので、施術の見通しも大変立てやすくなります。

 

今まで他院において「良くなっているのか分からない」なんていう経験をされた方は多いと思います。

そしてそれは院に対する不信感にも繋がったのではないでしょうか?

 

 

その状態で施術を受けても効果は半減してしまいます。

当院ではこのような事態を避けるため、しっかりと科学的検査を行って現状を把握、共有し、非常に分かりやすい状態で施術を進めていくことをお約束いたします。

 

根拠のしっかりした科学的検査を受けながらしっかりと進捗を確認しながら施術を受けていきたいという方は、是非お気軽にご相談くださいね。

 

 

友だち追加

 

********************************************

【学芸大学の整体院】 アルテカイロプラクティック

TEL:03-6273-8371 「ホームページを見て・・・」 とお電話下さい。

メール:info@arte-chiro.com(お問い合わせページはこちらです)

Facebookページ→http://www.facebook.com/artechiro

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_2895661/

過去のブログ一覧→http://www.arte-chiro.com/blog/

公式Twitterアカウント→https://twitter.com/artechiro

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝10:00~18:00 (時間外ご相談に応じます)

定休日:毎週水曜日(その他、研修や講師業で臨時休業をいただくことがあります)

〒153-0053 東京都目黒区五本木3-31-6-2F

(駒沢通り沿い クレープリーPOPHOTさんの2階になります)

********************************************

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ