ギックリ腰の時にカイロプラクティックの施術を受けても大丈夫ですか?

こんにちは、アルテカイロプラクティック院長の前田です。

ギックリ

毎年そうなんですが、お正月休みも終わったこの時期に急激に増える症状があります。

 

それは…、ギックリ腰です。

お正月休みの運動不足や、急激な気温低下など危ない要素が満載の時期ですからね。

 

そこで今日はギックリ腰患者さんからよく頂くご質問をご紹介いたします。

--------------

Q.ギックリ腰の時に施術を受けても大丈夫ですか?

 

A.基本的には、大丈夫です。

ネットなどで調べると「ギックリ腰の時に患部を揉んだり、関節をバキバキしたりすると悪化するから

カイロプラクティックなどには行かないように」と書かれているものが見つかりますが、

そもそも激しい腰の痛みを訴えている患者さんに対して、ガンガン腰の施術をするようなことは

やりません。

 

カイロプラクティックは西洋医学のように人間の体をパーツごとに診るものではなく、

全体のバランスを診ながら施術して行く療法ですので、まずは腰以外の部分の施術を行うことによって

腰にかかる過負荷を軽減しますので、これだけでも痛みはある程度軽くなります。

 

その後徐々に様子を見ながら問題個所を改善して行き、再発を防いだり根本改善を目指してきます。

 

ギックリ腰に限らず腰痛というものは不思議なもので、安静にし過ぎていると却って症状がひどくなりますから、

とりあえず当院まで来られる方は、施術を受けに来られた方が改善は早いです。

 

ただし例外もあります。

家から出ることも出来ないくらい痛みが強いとか、ジッとしていても患部が脈を打つようにジンジン、ズキズキ痛むような時は

とりあえず患部を冷やしつつ2日ほど安静にし、ある程度痛みが引いた後にご来院ください。

「あまりに痛みがひどくてちょっと不安だな」と言う方は、ここで病院(整形外科)に行ってみても良いでしょう。

 

そこで何らかの異常が発見された際には、病院での治療を優先するようにしましょう。

 

「特に異常なし」と診断された方は、カイロプラクティックの出番ですのでなるべく早めにご来院ください。

その際可能であれば、病院で撮影したレントゲン写真なんかが有ると、より安全かつ的確な施術を行うための

指針になりますので、お医者さんにお願いして持ってこれるようであればご持参下さい。

 

ギックリ腰はある日突然発症するイメージが強いと思いますが、実は悪い姿勢習慣や運動不足など長期間の“下ごしらえ”の

末に発生します。

 

特に若いうちなんかは数日経てば痛みも軽減するので、「放っておけばそのうち治るもの」と判断しがちですが、

ギックリ腰を発生させるような悪い癖を改善しないと、段々と負荷が積み重なっていってそのうち骨の変形などの

重い症状を招く可能性が高くなります。

 

そうなってからでは腰痛と一生のお付き合いをしなければならなくなりますので、その前にカイロプラクティックのメンテナンスで

しっかりと良い腰の状態をキープするようにしていきましょうね!

 

********************************************

【学芸大学の整体院】 アルテカイロプラクティック

TEL:03-6273-8371 「ホームページを見て・・・」 とお電話下さい。

メール:info@arte-chiro.com(お問い合わせページはこちらです)

公式Twitterアカウント:https://twitter.com/artechiro

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝10:00~18:00 (時間外ご相談に応じます)

定休日:毎週水曜日

〒153-0053 東京都目黒区五本木3-31-6-2F

(駒沢通り沿い クレープリーPOPHOTさんの2階になります)

********************************************

 

コメントを残す

このページの先頭へ