カイロプラクティックを受ければ背骨や骨盤は真っすぐになりますか??

こんにちは、アルテカイロプラクティック院長の前田です。

 歪み

今日は皆さんからよくいただくご質問をご紹介いたします。

Q.カイロプラクティックを受ければ、背骨は真っすぐになりますか?

A.ケースバイケースです。

背骨が左右に歪んでいる状態を、側彎(そくわん)と言いますが大きく分けて

「機能性」のものと「構造性」の2つがあります。

 

「機能性」は後天的と言い換えても良いかもしれませんが、長年積み重ねてきた

姿勢を始めとした生活上の習慣などが原因で作られたもので、こういうタイプのものは

カイロプラクティックの施術で矯正出来る可能性がかなり高いです。

 

一方で「構造性」とは反対に先天的要素が強く、文字通り椎骨の形状が構造的に変化している状態であり、

カイロプラクティックの施術(…というより他のあらゆる手技を用いても)で矯正することは不可能です。

しかしながら、「更なる悪化を防ぐ」という目的においてであればカイロプラクティックの施術が非常に高い効果を発揮します。

 

以上です。

…と、終わりにしたいところなんですが、実はこの先にとっても重要なことをお話します。

 

背骨の歪みと言うのは、確かにその中を通っている脊髄を始めとした神経系統の流れを悪くさせ、

身体に様々な悪影響を及ぼす可能性が高いですが、私が声を大にして皆さんにお伝えしたいことがあります。

 

それは「背骨の歪み=悪」もしくは「背骨が真っすぐ=善」とは言い切れないということです。

 

雑誌やインターネットで健康情報が氾濫している今日、背骨や骨盤の歪みがとても悪いものという認識が広がっていますが、

それだけで全てを判断してしまうのはとても危険なんです。

 

仮にある背骨のある部分が歪んでいたとしても、それはそれ以外の部分の歪みが関係して、

それを補正するために歪んでいるということもあります。

その場合、そこを無理やり矯正することによって却って身体の状態は悪化してしまいます。

 

背骨の状態を本当の意味で正しく判断するには、静止状態における「歪み」だけでなく、

そこに「動き」があるかを正しく診ていく必要があるんです。

 

ハッキリ言ってしまえば見た目で歪んでいるだけの背骨よりも、見た目は歪んでいなくても動きを失った背骨の方が

はるかに問題を抱えているものです。

 

ですから当院では皆さんの背骨の動きを一つ一つ丁寧に診ていくことから施術を始めます。

特に初回はその作業にかなりの時間をかけると言っても過言ではありません。

 

簡単なように見えて、筋肉や皮膚などの軟部組織越しに関節の動きを見ていけるようになるには、

かなりの長い期間と、地道な訓練が必要となります。

私なんかもうまく出来ず、思わず叫びたくなるほど悔しい思いをしたことも何回もあります。

 

今でも指先の感覚を上げるべく、背骨の骨格模型に厚手のタオルをかけて触診したり、

髪の毛の上に紙を1枚1枚ずつ重ねて感覚を養う地味~な訓練を毎日行っています(笑)。

 

日々、訓練して技術を向上させながら皆さんの背骨を責任もって診させていただきますので、

「歪みが気になるな~」

「今行ってる整体院だと、動きなんて見てくれないな~」

なんて思われた方は、お気軽にご相談くださいね。

 

きっとお力になれると信じています。

********************************************

【学芸大学の整体院】 アルテカイロプラクティック

TEL:03-6273-8371 「ホームページを見て・・・」 とお電話下さい。

メール:info@arte-chiro.com(お問い合わせページはこちらです)

Facebookページ:http://www.facebook.com/artechiro

公式Twitterアカウント:https://twitter.com/artechiro

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝10:00~18:00 (時間外ご相談に応じます)

定休日:毎週水曜日

〒153-0053 東京都目黒区五本木3-31-6-2F

(駒沢通り沿い クレープリーPOPHOTさんの2階になります)

********************************************

 

コメントを残す

このページの先頭へ