サブラクセーション(神経の流れの悪いところ)を見つけるには?

こんにちは、アルテカイロプラクティックの前田です。

 富士

今回は前回の記事「カイロプラクティックって何ですか?」の続きです。

 

カイロプラクティックは神経の流れが悪いところ(サブラクセーション:以下同じ)を改善するもの

では、その神経の流れが悪い部分をどう判断するか?

 

というところまでが前回のお話しでした。

 

神経の流れが悪いところを見るためにカイロプラクティック療法が長年取ってきたアプローチが、

背骨の「ズレ」や「動きの悪さ」を見極めるというものでした。

 

もちろんそれでもかなりの確率で問題点を探し出せるわけですが、一つだけ大きな問題点が

付きまとっていました。

 

それは、真に矯正(改善)すべきプライマリーサブラクセーションを見つけ出す決定的な

方法ではなかったということなんです。

 

患者さんが治療院にいらっしゃる時、多くの方は何かしらの身体の痛みを抱えていて、

そういう部分を触診すると大体の場合は動きが悪くなっていることが多いです。

 

「じゃあそこを動かすようにしてあげれば、全ては解決しますね!」

 

と言いたくなりますが、ここに実は落とし穴があるんです。

 

それは、殆どの場合そこが真に矯正すべきサブラクセーションではなく、その補正作用として

現れたサブラクセーション(カンパンセーション)だからです。

 

では、真のサブラクセーションを補正するために現れたカンパンセーションを矯正してしまうとどうなるか?

 

症状が一瞬軽くなったように見えることもありますが、結果として真のサブラクセーションはより強固なものとなり、

身体の状態は以前にも増して悪くなるのです。

 

正直言ってしまうと、私も特に駆け出しの頃はこのような失敗をしてしまったことがあります。

 

身体を良くしたいと思って来院される患者さんを結果として悪くしてしまうわけですから、

これは本当にキツイ経験でした。(もちろん患者さんの方がはるかにキツイのは言うまでもないですが…)

 

その後、経験を重ねるにつれてこのような失敗はだいぶ減ってきましたが、それでも

人間ですから間違えてしまう危険性は常に付きまといます。

 

そこでそんな可能性をゼロにすべく、当院では昨年末より新しいテクニックを導入しました。

 

次回はそのテクニックに関する説明をしていきますね。

 

********************************************

【学芸大学の整体院】 アルテカイロプラクティック

TEL:03-6273-8371 「ホームページを見て・・・」 とお電話下さい。

メール:info@arte-chiro.com(お問い合わせページはこちらです)

Facebookページ:http://www.facebook.com/artechiro

公式Twitterアカウント:https://twitter.com/artechiro

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝10:00~18:00 (時間外ご相談に応じます)

定休日:毎週水曜日

〒153-0053 東京都目黒区五本木3-31-6-2F

(駒沢通り沿い クレープリーPOPHOTさんの2階になります)

********************************************

 

コメントを残す

このページの先頭へ