骨格矯正や骨盤矯正に関する当院の考え方(その1)

こんにちは、アルテカイロプラクティックの前田ですです。

 

今日はちょっとコラム的な内容を書いていこうと思います。

 

この仕事をしていると、皆さんから多く聞かれる質問があるのですが、

それは「骨盤矯正(もしくは骨格矯正)をやってもらえますか?」というものです。

 20130808160016

使用イラスト(c)フリーメディカルイラスト図鑑様

 

ここ数年メディアなどで「歪みの問題点」が数多く取り上げられ、それを魔法のように「矯正」してしまう

という謳い文句の施術家が数多く出演していることもそうした質問が来る原因かなと思います。

 

「骨盤矯正」すると「痩せる」

「骨格矯正」すると「痛みが消える」

 

なんてフレーズを聞かされたら、誰だって興味を持ってしまいますよね。

 

ではこの矯正という魔法のような施術方法は本当に存在するんでしょうか?

 

当院ではこういう質問をされた時、以下のようにお答えしています。

 

皆さんが「矯正」…という言葉から連想するのは、恐らく施術者が患者さんの身体をバキッと鳴らし、

それが済むと歪んでいた部分が真っ直ぐになるというようなイメージだと思います。

 

結論から申し上げますと、解剖学を普通に学んでいる者からするとそんなことは起こりえませんと断言できます。

動きに引っかかりがあった関節が多少動きやすくなることはありえますが…。

 

そもそも論として、人間の身体というものは骨の上にさらに幾重もの筋肉や靭帯が巻き付いており、

簡単に崩れないように作られています

 

もしそれが一人の人間の腕力で簡単に位置が変わるようなことがあったらどうなるでしょうか?

ガラガラと崩れるのが怖くて、オチオチと外出すら出来ませんよね?

スポーツ選手なんて飛んだり跳ねたりするたびに骨が外れちゃって、大変なことになっちゃいます(笑)

 

ですから、「パキッとならしてハイ、矯正完了!」みたいなことは基本的にありませんし、

少なくとも当院ではそのような考えで施術は行いません。

 

あの「パキッ」という音があたかも外れてた関節がハマったように聞こえますが、

そもそもあの音も関節内で気泡がはじけた音ですから、別に骨がぶつかり合っているワケでもありません。

 

それに…、

 

人間の身体は精密機械のように色々な要素が複雑に絡み合って構成されているものです。

ですから、単に真っ直ぐにさえすればそれで良いというほど単純な話ではありません

 

人間の身体は左右対称であると信じている方も多いですが、これすらも実は違いますからね。

 

それどころか人間の身体に「完全な」左右対称の場所なんて一つもありません

内臓も左右対称に配列されているわけではないですし、そもそも右半身と左半身は左脳と右脳という

脳でも別の個所で制御されています。

 

こう考えても「単に真っ直ぐに整えること」がいかに荒唐無稽で、解剖学的根拠の薄いことかお分かりいただけると思います。

 

「じゃああなたの院では矯正はしていないの?ホームページを見ると骨盤矯正とか書いてあるけど…」

 

はい!良いところに気づきました(笑)

実は当院でも矯正は行っています。

 

「おいおい!あれだけ否定しておいて、自分は矯正しているのかよ!!」

 

と、思われた方もいらっしゃると思いますが、一口に矯正と言っても「曲がったものを真っ直ぐに正す」なんていう

考え方ではなく、もっとキチンと根拠のある理論に基づいて行っています。

 

具体的にどう行っているかは…。

 

長くなってきたので次回に続きます。

 

********************************************

【学芸大学の整体院】 アルテカイロプラクティック

TEL:03-6273-8371 「ホームページを見て・・・」 とお電話下さい。

メール:info@arte-chiro.com(お問い合わせページはこちらです)

Facebookページ:http://www.facebook.com/artechiro

公式Twitterアカウント:https://twitter.com/artechiro

受付時間:平日 10:00~20:00、土日祝10:00~18:00 (時間外ご相談に応じます)

定休日:毎週水曜日

〒153-0053 東京都目黒区五本木3-31-6-2F

(駒沢通り沿い クレープリーPOPHOTさんの2階になります)

********************************************

コメントを残す

このページの先頭へ