肩こり

a0002_007514_m

当院では開院以来8年半で、延べ15000人を超える肩こりの方と、
真剣に向き合って来ました。

そんな私から見ても、ここ最近慢性的な肩こりでご来院される方の
数が増えていると感じます。

恐らく従来から言われていたパソコンのみならず、iPhoneやiPad
などのスマートフォンやタブレットPCが爆発的に普及している
ことも背景にあるのではと思います。

その他にも家事に忙しい主婦の方や、携帯型ゲームに興じる
子供たちも含め、今や肩こりは国民病と言っても差し支えないほど
私達を悩ませています。

肩こりは悪化すれば頭痛や吐き気を引き起こすほど辛いものですが、
世間的には「肩こり程度で辛いなんて言うな」という風潮もあり、
その辛さを誰にも理解してもらえず、悲しい思いを経験した方
もいらっしゃるかと思います。

ではそもそも何で肩こりって起きるのでしょうか?

凝らない方がおかしい

結論から言うと私達の身体は、注意してなければ肩が凝らない方が
おかしい構造になっているのです。

 「えっ?」と思われた方が殆どでしょう。

私たちの頭の重さは体重の約1割程度あります。
大人で言うと大体5~8kgくらいある計算になります。
分かりやすく物に例えると、大体ボーリングのボールと同程度の
重さがあります。

これだけ重たいものが身体の一番上に乗っているのが、
私達の身体なんです。
さらにPC作業やスマホを操作するために、この重たい頭が
身体の軸から離れて行くわけです。

すると首や肩の筋肉はその重さを支えるために、常に強い負荷が
かかるわけですから、「凝らない方がおかしい」というのも、
ご納得頂けるのでは無いでしょうか。

当院ではどう施術するか?

 

当院ではその場凌ぎでは無く、こうした肩こり発生のメカニズムを
踏まえて施術を行っております。

具体的には筋肉をほぐして血流を促し、関節の可動域を広げて
凝りにくい身体を作ります。

しかしながらいくら施術で状態を良くしても、普段の姿勢が
悪ければ、肩に大きな負担がかかり、肩こり改善は望むべくも
無いのは、メカニズムの説明を見ても一目瞭然です。

そこで重要になってくるのが姿勢改善指導です。
姿勢の改善無くして、根本改善は絶対に出来ません。

私は数百人もの施術家が受講する、姿勢教育指導士養成講座という
プロ向けのセミナーで講師をしており、放送大学でも『姿勢と健康』という講座を担当して

日々姿勢の大切さを伝えています。

それゆえ、他院とは比較にならないキメの細かい姿勢指導を行っていると自負しております。

 

肩こりが改善された患者さんの声

これまで当院で腰痛改善をされた患者さんの声をまとめました。

ご参考になれば幸いです。

 

肩こり患者さんの声はコチラをクリック

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ