パニック障害

当院では2008年の開院以来、学芸大学近辺を始めとして多くの方々の施術に携わってまいりました。

そこで対応させていただいた症状も肩こりや腰痛といった一般的なものはもちろん、「それってカイロプラクティック院でも見てくれるの?」という
皆さんからするとちょっと意外に感じる症状まで、多岐に渡ります。

今回はパニック障害について書かせていただきましたので、じっくりとお読みくださいませ。

 

パニック障害ってどんなもの??

ストレス社会において、パニック障害の患者さんは増える一方ですが、そもそもパニック障害ってどんな症状なのでしょうか?

名前からして何かしらのパニックを起こすことは予期出来ますが、もう少し詳しくお話ししていきます。
パニック障害とは、突発的に起こる呼吸困難や動悸、発汗や頻脈等々の症状が出ることに伴い、文字通りパニック(このまま死んでしまうかと思うくらいの強烈な不安感や恐怖感)を起こす病気です。

パニック障害の特徴

パニック障害には次の3つの特徴があります。
・パニック発作
・予期不安
・広場恐怖
一つずつ説明していきますが、パニック発作については先ほどどんな症状が出るかご説明してあるので、ここでは割愛します。
予期不安
パニック発作自体は10分程度で治まるものが多い(長くても1時間程度)のですが、「ずっと続いたらどうしよう」「また同じようなことになったらどうしよう」といった恐怖感や不安感に襲われることをいいます。
発作が起きていない時もこのようなことが意識に昇ることにより、悪循環を招きやすくなります。
広場恐怖
発作が起きているところは他人に見られたくないのは当然の感覚なのですが、それにより大勢の人が集まる場所(繁華街など)に行けなくなったり、過去に発作を起こした場所や逃げ場がない場所(電車など)に行けなくなったりします。
このような症状がパニック障害の特徴ですが、悪化しすぎると外出や人前に出ることがままならなくなり、家に閉じこもるようなことにも繋がります。

当院ではこのように治療します

パニック障害の原因はまだ解明途中のところもありますが、「セロトニン」や「ノルアドレナリン」などの脳内神経伝達物質が分泌異常で脳内のバランスを崩し、興奮しすぎたり不安や恐怖をうまく処理できずに発症することが分かっています。
先述した「セロトニン」や「ノルアドレナリン」などの脳内神経伝達物質がうまく循環し、脳内の働きを正常に保つ状態を「脳報酬連鎖」といいますが、当院ではこの脳報酬連鎖を正常化させるうえで効果が高い最新のカイロプラクティックテクニックである「トルクリリーステクニック」や耳への電気刺激を行う「ニューロオリキュロセラピー」を採用しております。
カイロプラクティックとパニック障害の施術は一見何の関係もなさそうに感じますが、実は脳神経系を整えるカイロプラクティックにとってパニック障害は十分施術範疇の症状です。
パニック障害にお悩みの方はお気軽にご相談くださいね。

パニック障害でお悩みの患者さんの声

当院にパニック障害で来院された患者さんにいただいたお声をご紹介します。
同じようにパニック障害でお困りの方の参考になれば幸いです。

お気軽にご連絡下さいね。

このページの先頭へ